5/24の謎

今日は、日本初のこの施設が神戸でオープンした日。

これを作ったのは、六甲山山頂に住んでいたイギリス人貿易商のアーサー・ヘスケス・グルーム。

開場当時、六甲山には外国人の別荘が建ち並んでいて、彼らのレジャーと社交の場としての利用が造成の目的だったので、外国人専用で日本人は利用できなかったそうです。

このグルームさん、登山道の整備やゴルフ場の造成、植林など六甲山の開発と景観保護に力を注ぎ、「六甲山の開祖」と呼ばれているとか。

この施設も今では日本中にあるわけですが、まさか自分がここに行くことになるとは思いもしませんでした。

お金持ちのおじさんが行くイメージが強すぎて。

やってみたら、めちゃくちゃ楽しくて、そんな気持ちを味わえるのも開祖グルームさんのおかげですね。

明日、久しぶりに行きますので開祖に対して恥ずかしくないプレーをしたいと思います。

それにしても、開祖!

すごい呼び方をしますね。

今日に相応しい謎でしたか?

では、また明日。

ABOUTこの記事をかいた人

ペ・ヨンジュンのそっくり芸人。お笑い芸人としてだけでなく、ものまねのステージやMCとしても活動している。またクイズ作家としてテレビ番組の制作に携わったり、リアル謎解きゲームの作成を行う。