9/23の謎

今日は、1846年にドイツ・ベルリン天文台のヨハン・ガレがこの惑星を発見した日。

これがけっこう込み入った話で、フランスのルヴェリエという人が未知の惑星の予想軌道を算出し、それをもとにガレが発見したんですが、同じ時期にイギリスのアダムズが同じく予想軌道を算出し、チャリスという人が探索を始めていました。

ガレが発見した後に、実はその1ヶ月前にチャリスは2度も海王星を観測したものの、新惑星であることは見落としてしまっていたそうです。

まぁそれは揉めに揉めたんですが、最終的には、アダムズがルヴェリエに発見者の座を譲ったとか。

よく事情が分からないのですが、実際に発見した人ではなくて、予想軌道を算出した人が発見者になるんですね。

またなにがあったか知りませんが、現在ではアダムズ、ルヴェリエ2人とも発見者ということになっているそうです。

なんかガレさんの功績が薄くなってしまいそうですが、実はこの人は生涯を通じて414個の彗星のリストを作り、業績にちなんで、月のクレーター、火星のクレーターなどにその名前がつけられている凄い人だそうです。

知らないだけで凄い人っていっぱいいるんだなー。

今日に相応しい謎でしたか?

では、また明日。

ABOUTこの記事をかいた人

ペ・ヨンジュンのそっくり芸人。お笑い芸人としてだけでなく、ものまねのステージやMCとしても活動している。またクイズ作家としてテレビ番組の制作に携わったり、リアル謎解きゲームの作成を行う。