6/13の謎

今日は、2010年に、小惑星探査機『MUSES-C』が宇宙空間60億キロ、7年間の歳月をかけたミッションを成し遂げ、地球に奇跡的な帰還を果たした日。

この小型探査機の開発・運用に関わった人々の「あきらめない心」「努力する心」を全国の人々に伝え続けていくことを目的としているそうです。

確かに諦めず、人事を尽くした結果、世界初のサンプルリターンやイオンエンジンの長時間運行をはじめとする数々の科学的偉業を成し遂げたわけですもんね。

夢を叶えるための最低限のことをしていたから夢が叶うというのは、すごく素敵なメッセージだと思います。

夢を叶えるため真摯に人生に向き合おうなんて前向きな気持ちを持ってみようと思います。

ちなみに、この小型探査機の名前は小惑星のサンプル採取が1秒ほどの着地と離陸の間に行われる様子がこの鳥の狩りを思わせたため、この名前が付けられたとか。

かっこいい名前を背負ったこの探査機の旅が見事に成功に終わって本当に良かったです。

今日に相応しい謎でしたか?

では、また明日。

ABOUTこの記事をかいた人

ぺよん潤

ペ・ヨンジュンのそっくり芸人。お笑い芸人としてだけでなく、ものまねのステージやMCとしても活動している。またクイズ作家としてテレビ番組の制作に携わったり、リアル謎解きゲームの作成を行う。