4/19の謎

今日は1871年に、それまで武士にのみ認められていた〝今日の答え〟が庶民にも許可された日。

それまで〝今日の答え〟は武芸の一つであり、刀剣や鉄砲と同じように兵器として扱われていたので、江戸時代は武士以外の者(商人や農民)がやることは禁じられていたそうです。

武芸十八般なんて言い方をしますが、そのうちの1つだったみたいですね。

ちなみに他には弓・槍・剣・水泳・抜刀・短刀・十手(じって)・銑鋧(しゅりけん)・含針・薙刀(なぎなた)・砲・捕手・柔・棒・鎖鎌(くさりがま)・錑(もじり)・隠(しのび)。

イメージしにくいものも多いですが、例えば、もじりとは長柄の先に多くの鉄叉を上下につけた道具で、江戸時代に罪人を捕える武器だそうです。

そしてよく見ると、武士というより忍者の技みたいなものも見受けられます。

これを全部極めなきゃいけないと思うと、昔の武芸者さんも大変でしたね。

含み針を練習して、それで人を倒そうと思う人がいて、実際それで倒された人がいるんだろうなと思うと現代に生きていてよかったなと思います。

ところで、含み針で殺された人と毒含み針を口に含んでいるうちに口内を傷つけて毒が回って死んだ人はどちらが多いんですかね。

どちらにせよ含み針で死ぬ人生は勘弁してもらいたいもんです。

今日に相応しい謎でしたか?

では、また明日。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ペ・ヨンジュンのそっくり芸人。お笑い芸人としてだけでなく、ものまねのステージやMCとしても活動している。またクイズ作家としてテレビ番組の制作に携わったり、リアル謎解きゲームの作成を行う。