3/15の謎

今日は、サスペンスの神と謳われたアルフレッド・ヒッチコック監督の最大のヒット作を讃える日。

後の世代まで大きな影響を与えた、この作品。

初めて見たときはドキドキが止まらなかったですが、最近見てみたらさほどでもなかったです。

いい意味でも悪い意味でも最近は刺激の強いものが多くて、60年前の作品は刺激という意味では少ないのかもしれません。

ただ、最初にこの作品を作ったというのが本当に凄いことだと思います。

まだ〝面白いこと〟が確定されていないものに面白さを見つけて作品に昇華させるのは、なかなかの作業ですから。

しかし、その分、誰も見たことのない面白いものが作ることができたことでしょう。

今、何かを作ろうとすると必ずどこかにお手本があって、それを下敷きにモノが作れる分、大きく失敗はしない代わりに、初めての感情をお客様に植え付けるのは難しいのかもしれません。

それでも何か新しい感情を生み出すために日々、恥をかきながらモノを作っていくのは、なんでなんでしょうね。

ただこれからも、誰かの心に何らかの形で住み続け得ることを願いあがき続ける事でしょう。

いつかこの作業が報われますように。

今日に相応しい謎でしたか?

では、また明日。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ペ・ヨンジュンのそっくり芸人。お笑い芸人としてだけでなく、ものまねのステージやMCとしても活動している。またクイズ作家としてテレビ番組の制作に携わったり、リアル謎解きゲームの作成を行う。