1/27の謎

今日は、1883年に、伊勢新聞および三重日報に、中尾勝三郎という人が「先頃女房を離縁して不自由勝ゆえ、貧富を論ぜず、十七歳以上二十五歳にて嫁にならうと思ふ物は照会あれ」という広告を出した日。

ざっくり現代語に訳すと、奥さんが亡くなっちゃって不便なので、貧富などは問わないので、17〜25歳の女性で結婚したい人いませんか?

…なかなか前時代的な広告ですが、無事応募があり、近所の19歳の女の子と結婚できたそうです。

ちなみにこの時、中尾さん24歳3ヶ月!

法律が許す時限りで一番年下から一つ上までの指定する辺り、絶対ババアに来て欲しくなかったんでしょうね。

とりあえず、この時結婚した19歳の女の子が幸せな結婚生活を送っているようお祈りいたします。

ちなみに、この後こんな広告がちょっと流行ったそうです。

うまくいった人のやり方をパクるのは、手っ取り早い成功への道ですからね。

3番手グループまでは、何とか成功できるみたいですので、もし何かをパクる時はお早めにどうぞ!

今日に相応しい謎でしたか?

では、また明日。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ペ・ヨンジュンのそっくり芸人。お笑い芸人としてだけでなく、ものまねのステージやMCとしても活動している。またクイズ作家としてテレビ番組の制作に携わったり、リアル謎解きゲームの作成を行う。