1/2の謎

今日は、1959年にソ連が世界で初めてロケットをこの星へめがけて打ち上げた日。

このロケットは目当ての星から6500㎞のところを通過して観測をした後、太陽の周期に入り地球と火星の間を公転する最初の「人工惑星」となりました。

現在も延々と公転し続けてるわけですもんね。

なんとなくジョジョのカーズを思い出させます。

当時の技術者がこのロケットに込めた魂や情熱も、周り続けるうちになくなってしまいそうで。

せめて空を見上げた時に少しだけ思い出したりしてみたいと思います。

今日に相応しい謎でしたか?

では、また明日。

ABOUTこの記事をかいた人

ぺよん潤

ペ・ヨンジュンのそっくり芸人。お笑い芸人としてだけでなく、ものまねのステージやMCとしても活動している。またクイズ作家としてテレビ番組の制作に携わったり、リアル謎解きゲームの作成を行う。