12/1の謎

今日はこの元素の日。

1857年(安政4年)の今日、現在の岩手県に位置する南部藩の藩士で鉱山学者の大島高任が日本で初めて洋式高炉によって、この元素の精錬に成功しました。

ある意味、ここから日本の近代化が始まったとも言える記念日です。

ちなみに、これのことを〝くろがね〟と呼んだりしますが、それは黒い錆を生じる事や、しろがね(銀)より輝きが劣るが高い強度を有することからくろがね(黒い金属)と呼ばれていたとか。

あかがね(銅)、こがね(金)にも並ぶ金属として認識されていたんですね。

もしオリンピックの順位が4位まで表彰されたとしたら、この材質のメダルだったかもしれませんね。

ちょっと一般的すぎて、ありがたみに欠けてしまうのが惜しいところです。

今日に相応しい謎でしたか?

では、また明日。

ABOUTこの記事をかいた人

ぺよん潤

ペ・ヨンジュンのそっくり芸人。お笑い芸人としてだけでなく、ものまねのステージやMCとしても活動している。またクイズ作家としてテレビ番組の制作に携わったり、リアル謎解きゲームの作成を行う。