11/12の謎

今日は、1872年(明治5年)に太政官布告が出され、それまでの公家風・武家風の和服礼装が廃止された日。

それから100年後に記念日として制定されました。

日本人なら和服を着ればいいのに!と思って調べてみたら、明治政府が樹立した後に、礼服として出立と入城の際は衣冠で道中は狩衣とする公家方と狩衣は入城の際のみとして道中は直衣・直垂を任意とすることを希望した武家方の間で対立が生まれたそうです。

また衣冠・狩衣・直垂は各自で色や紋が異なるため行列の服装は全く統一されず威厳も何もあったものじゃないと。

なんとか統一しようということで、〝今日の答え〟のスタイルになったそうです。

またこの太政官布告は従来の服装に拘る華族に対するもので、衣冠などの服装は軟弱であり、神武天皇や神功皇后の頃の姿に戻るべきと主張。

この「神武・神功の頃の姿」とは「筒袖・細袴」を意味しており、〝今日の答え〟もまた「筒袖・細袴」なので、このスタイルは日本人本来の姿と相通ずるものであるとしています。

多少、理屈は強引な気もしますが、主導権はうちにあるんだということを服装から知らしめていくというのは分かりやすい方法ですよね。

今となっては日本らしい和服礼装での儀式典礼も見てみたい気もしますが。

まあ観光地的、興味本位な〝見たい〟なので、見た後は、「すごーい」とか「わざわざ、あんな格好しなくてもいいのにね」みたいな最低な感想をのたまうかもしれませんが。

沖縄の市役所がかりゆしを着るみたいに和服での対応する公的機関とかあったら観光客増えそうですけどね。

今日に相応しい謎でしたか?

では、また明日。

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ペ・ヨンジュンのそっくり芸人。お笑い芸人としてだけでなく、ものまねのステージやMCとしても活動している。またクイズ作家としてテレビ番組の制作に携わったり、リアル謎解きゲームの作成を行う。