10/27の謎

今日はこの可愛いぬいぐるみの日。

実はこのぬいぐるみ、アメリカ第26代大統領セオドア・ルーズベルトの愛称から名付けられたって知ってました?

1902年の秋頃、趣味の熊狩りに出かけたルーズベルトさん。

その日は獲物に恵まれず気を利かせた同行ハンターが自分が見つけた子グマの止めを刺さずに追い詰めた状態でルーズベルトさんに最後の一撃をお願いしました。

しかし、ルーズベルトさんは「瀕死の子グマを撃つのはスポーツマン精神にもとる」と撃つのを拒否したそうです。

その出来事を狩りにたまたま同行した記者が記事にして、そのエピソードからルーズベルトさんの愛称が付けられた熊のぬいぐるみが販売され、それが広まったとか。

瀕死じゃなければ子グマ撃ったのかよ!とか、記者はたまたま同行しないだろ!とか、完全に太鼓持ち記事じゃん!とか、まあひっかるところはたくさんありますが、それを全世界に広めた影響力はとんでもないものがありますね。

そんなルーズベルトさんの誕生日から今日は記念日になったそうです。

アメリカの大統領をもとにした記念日なのに、イギリスのぬいぐるみ愛好家たちがこの記念日を始め世界中に広まっていきました。

この記念日を合わせて「心の支えを必要とする人にこのぬいぐるみを贈る」運動が行われています。

この目的は是非、贈られる人には伝わらないようにしてほしいものです。

今日、ぬいぐるみをもらった人が「あー、心が不安定だって思われてるんだー」って思ったら、ぬいぐるみの癒しが効かないほど心が不安定になりそうですから。

今日に相応しい謎でしたか?

では、また明日。

ABOUTこの記事をかいた人

ぺよん潤

ペ・ヨンジュンのそっくり芸人。お笑い芸人としてだけでなく、ものまねのステージやMCとしても活動している。またクイズ作家としてテレビ番組の制作に携わったり、リアル謎解きゲームの作成を行う。